常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
「バクマン。」の可能性と危険性
非常にテンポがよく、内容も「ここまでぶっちゃけてみた!」って感じで、楽しんで読ませてもらってます。

実を言うと、友人に漫画家を目指してアシスタントをしてる者がいますので、大体の話は知ってました。

持ち込みの話とか、編集者の話とかね。

まぁ、ある程度は「漫画好きには周知の事実」も有りますが。

それを、「堂々と週刊作品の中で取り上げた」ってのが凄いと思ってました。

しかも、ここまでいい意味でも悪い意味でも「バトル漫画」を扱うってのは珍しい。

が、それも「連載を勝ち取ろう!」と、サイコー&シュージンが頑張ってたところまで。

最近の内容に関しては、ちょっと引っかかるところがあります。

別に、わざわざ取り上げる必要はないんですが、不安は的中するもんで。

この広大なネットの海に、「そんな事すんなよ、ガモウ小畑」って手紙を置いておこうかなと。

笑い男が拾ってくれるかもしれませんからねw

まず、一番気になってるのはあれですね。

「ジャンプのタブーをジャンプでばらし」てると思ったら、いつの間にか「ジャンプってこんなに素晴らしい」んだよって推薦する漫画になっちゃわないか?という事です。

ただの「ジャンプ肯定漫画」になりゃしないかと。

いやね、「ジャンプはこういう作品を載せるんです」って考え方はいいと思います。

「コンセプト」ってやつですからね。

それは、「狙ってる読者層」ってのがありますし、「何でも混ぜこぜ」にした雑誌は正直読み難いですから。

かまわんのです、そこは。

「だから打ち切っても良い!」
「だからバンバン新作!」
「人気有っても無くてもバトルにテコ入れ」
「はい、これがジャンプなんです!」

って、開き直られては困るw

確かに、ジャンプは「良い作品」を生み出してきたと思います。

でも、「良い作品」を更なる人気取りの為に「悪い作品」にしてしまった例もあると思います。

「作者の力量」ってのも有ると思いますから、一概に「ジャンプ編集側」に原因が有るとはいってません。

だからといって、ジャンプ編集者には何一つ落ち度はない、って開き直るなよ。ってことですw

その為の「読者洗脳漫画」になっちゃいそうで…。

そこが怖いんですよ。

まぁ、有名な6代目編集長みたいな方もいますから、編集者からのテコ入れも大事ですけどねw

「ジャンプの現状を肯定する」為の、「ジャンプを推奨するジャンプ作品」にする目的が少なくとも有るのではないかと。

そう疑いたくなるような展開に、すこしずつなってる気がするのでw

サイコーのアシスタントや、福田さんの台詞の節々になんかそんなんが混じってるような。

ジャンプに載ってるんで当たり前ですが、悪いところ上げた後で「でも、こういう素晴らしいところもある」ってジャンプを褒める展開ばかりなので。

気のせいであって欲しいと思ってます。

立派に「平成の漫画道」と呼ばれる作品となって頂きたい。

読者に「ジャンプに載ってる作品は全部面白い」と錯覚させるため、「こういう作品がジャンプですよ」と飼いならす為、そういう「編集者の思惑」を実現させる為の道具にならないでいただきたい。

まぁ、「作品が道具になる」のは見たくないってことです。

今後の展開は、「サイコーと亜豆」のお話になるでしょうから、その心配は当分しなくても良さそうですが。

自分としては、そろそろシュージンの内面にもう一度スポットを当てて欲しい。

「シュージンのスランプによる、人気の低迷、そして打ち切り」を経験した後でねw

あそこで「Lを殺せた」ガモウですから、出来るはずです!w

期待してますw
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック