常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
ガンダム国勢調査に言いたい事

GUNDAM.INFOというサイトご存知だろうか?

このサイトの中で「ガンダム国勢調査」という企画が行われております。

「あー、やっぱ皆そう思うんよなー」って思う事もあり、「やっぱその世代も多いんやな」って再認識する事もあり。

なかなか興味深い。

ガンダム好きにはねw

ところが、最近この「国勢調査」の質が落ちてきてる。

以前から、選択肢に疑問がありました。

「その他」の選択肢がない。

少なくとも初期は有ったと思いますが、最近は見かけない。

「いや、コレを推す理由があんねん!」って人がいるはずですよ。

実際に、俺は何度も思ったしw

ってことで、コレはなくね?って思った選択肢を上げたいと思います。

*厳しく批判する時もありますが、否定ではありませんので大目に見て下さいw
Q.鬱陶しい梅雨の季節。ガンダムで鬱陶しいといえば?

 1位 ヘタレたアスラン       
 2位 ブシドーのガンダム愛     

これ、「フレイ・アルスター」って選択肢有ったら、ぶっちぎり一位やと思います!

リアルに68%くらいとってw

あと、「ガンダムファイター全般」って選択肢がありました。

それは鬱陶しいんちゃう!作品に対して失礼やろ!

彼らはみんな、暑苦しいだけやw


逆に、コレなんかは興味深い。

Q.ゴールデンウィーク突入!ところでガンダムで"金"といえば?

 1位 百式             
 2位 アカツキ           

Q.戦闘中(休暇中も)に遭難しちゃって敵のパイロットと仲良くなった2人と言えば?

 1位 シローとアイナ        
 2位 アスランとカガリ       

これが世代って奴ですよw

なんや言うても「種世代」にはそうなっちゃうと。

流石に、百式はぶっちぎりで過半数以上でしたけどw

どっちも「リスペクト」や「リメイク」というには耐えかねる、「酷い使われ方」と思うんですけどねぇ…。

あっ、ちなみに僕は種好きですよw

あれは「過去のガンダムを、新世代用に焼き直しただけの作品」って思ってますから。

そう思ってみてたら、意外にすんなり見れるもんでしたw

そして、そう思ってるから「怒り」もあまりなく面白かったw


ちなみに、わけわからんのがコレ。

Q.1979年4月7日『機動戦士ガンダム』放送開始。30年のガンダムの歴史の中で、最も印象的な出来事は?

30年間続いていること     
Ζガンダムという続編     
ガンダムSEED大ヒット     
ダブルオーは西暦が舞台    
ガンプラブーム        
『機動戦士ガンダム』誕生   
∀ガンダムのデザイン     
G,W,X…と広がる作品世界   
SDガンダムの出現と定着   

この選択肢は変やない?

「30年続いてる」ってのは、出来事になるんでしょうか?

「新訳Zガンダム」とか、「デンドロビウム」とか。

出来事って、もっと「点」な事やと思いますw

これは「線」な事が多過ぎるw


それ以外の内容については、こちらからどうぞー。→ ガンダム国勢調査


なんか、ぐずぐずやったりピンポイントに「種以降とファーストだけ」やったりするんですよね。

んで、理由として考えられるのは、以下の通り。

1、記事を書いてる人が「種世代」
2、記事を書いてる人が「全ガンダムに詳しい訳では無い」
3、記事を書いてる人が「あまり賢くない」

多分、一人で書いてる訳やないでしょう。

ですから、チームとして問題があるとw

もう、一番ぐずぐずなんがコレ。

「金と言えば?」の調査の記事で、最後のまとめに衝撃的な事が書かれてます。

内容をまとめると以下の通り。

「光の反射能力は、銀の方が優れている。ただ金の方が、腐食に強い、薄く延びるなどの性質から選ばれてる。だから、機能面から考えたら、本当は銀色でもいいはずである。」

いや、百式は耐ビームコーティング塗料の色やで。

まぁ、永野護…やなくてM・ナガノ博士の強い要望ってのが本来の理由やけどもw

百式もアカツキも、設定上は「仕方なく金色になる」やねんからさ。

金属としての「金」と「銀」ってお話でしたら、それこそ勘違いしまくってますよw

どっちにせよ、「本来は銀色でいいはず」って平然と書けるなんてw

もうちょっと精度上げてくれ!

と、思っちゃいます。

面白い着眼点で、良いコンテンツなだけにね。

なので、厳しく書かせて頂きました。


これも一つの「ガンダムヲタクの愛」として受け取って頂きたい!!

そしてこれからも頑張って下さい!w
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック