常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
仮面ライダーディケイド最終話について その3
ついに最終話となりました!

……って感じの終わり方ではありませんでしたw

なんかまぁ。

やっぱ打ち切りやったんでしょうけど…。

9つの世界を巡ってるときは、「生粋の平成ライダーファン」からの強烈な向かい風が。

後半で、それまでに獲得した「ディケイドファン」からの強烈な追い風が。

吹いたって事でしょうw

だから、3度目の映画化。

全31話が聞いてあきれる展開。

まぁ、嫌みは置いといてw

テレビシリーズの最終話の感想を。

その感想と一緒に、映画の予想をさくっと。

では、行ってみよー!

ついに宿敵のアポロガイストを倒し、ディエンドとも仲間になり。

アスムもワタルも一緒に戦ってくれた。

ハッピーエンド!

って思わせといての、アスムとワタルの消滅。

そして、満を持しての紅渡参上!

やっぱし、第一話に戻る展開でした。

いやー、涎垂れるw

5年ぶりの剣崎くんの変身に次ぎ、半年ぶりの渡の変身。

もうお腹いっぱいw

でもまぁ、これでようやく。

話しの全容が見えてきた感じ。

やっぱり、オリジナルの世界は存在する。

そして、再構築された世界はあくまでパラレルワールドであった。

ということでしょう。

よし、俺納得!w

ってなると、ユウスケがおかしくなってくるけど。

それはそれw

「俺も消える事になるみたいだ…」

っていう感動のラストが待ってる事でしょうw

最後に流れた映画の予告から推測するに、おそらくはこういう事でしょう。

「ディケイドの世界」が存在するものの、そこには「オリジナルのディケイド」がいるって展開だと思います。

オリジナルと主張する、別の士や夏海が出てくるなか…

「誰が本物かなんか関係ない!おれは、俺だ!!」

って、士くんが叫んでる姿か容易に浮かびますw

更に突き詰めるならば…。

オリジナルの世界をまわったディケイドがいたから、生まれてしまったパラレルの世界。

その世界を回って、破壊する事が士くんのやるべき事やった。

それにより、「本物の世界」の崩壊を防げたわけですが…。

パラレルの世界が確立して、そして融合してしまうと、「本物の世界」まで融合するから困る。

そういう事なんじゃないでしょうか。

でもまぁ、予告の最後に「世界は俺が貰う」って言ってる奴がいるんで。

そんな単純な展開だけではないでしょうw

見に行く気は全くありませんが…。

「生粋のファン」には涎もんのサプライズがあれば、見に行きたいと思います!w

ちらっと、カブトと電王が映ってるのが気になる…。

ヒロと健かね?w

う~~ん。


まぁ。

12月12日公開らしいんで、それまでを待ちますかねw

次週からは、仮面ライダーW(笑)が始まります!

……ちゃうかった。

仮面ライダーW(ダブル)が始まります!

独特の世界感と、ライダー史上初の「二人で一人の仮面ライダー」を上手く描けるか。

3月に番組終了とならないように、是非頑張って頂きたいw

まぁ、今からでも「ベルトは転けそう」ってことだけはわかりますけど…。

大丈夫かな?w

いらん心配である事を祈る限りです。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーディケイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック