常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
今週もスケット団ス! 第106話(2009年43号)感想
今週もこの時間がやって参りました!

では、さくっと行っちゃいます。

今週法のネタバレ有りますのでご注意ください。

はい、おk。

では、第106話「マルツイ・デカダンス」の感想いきます!

当ブログでは、スケットダンスをリアルタイムで応援しています!

今週はアレっすわ。

あれ。

遅れた理由込み込みで。

あれです。


おもんない!!


以上!

それだけ。

おつかっれしたー。


…っていきたいんやけど、まぁそうもいかんのでw

今週は「何が面白くなかったか」を書きたいと思います!


まずは一つ目から。

珍しく、フリが存在しないというか「弱い」んですよね。

ヤバ沢さんの「被害を受けてる」ってのは勘違い。
やけど、確かに「事件は起ころうとしてた」事が発覚。
そして解決!

って、スケット王道パターンw

を、最初に想像する訳です。

でも、新キャラが登場。

ってことは、新キャラがかき回して、椿が乱入、そしてスケット団的には未解決。

なんやこれ、しんどー。

ってパターンかな?と、思いながら読んでいくわけですw

でも、フリとオチはそこやなかった訳です。

新キャラが「痛くて濃い」訳やなくて、何とも言えん感じの「バカで痛い奴」やったわけで。

うん、アレがフリとは…。


今回のネタを分解すると、以下の通りになると思います。

・尾行しあって「ぐるぐる回ってる」、お間抜けな展開。
・刑事に憧れた「痛い新キャラ」の登場。
・尾行してる奴が、何故うろうろしてるのか?

ってとこですね。

「痛い新キャラ」と「尾行しあう」で一本ずつ描けるやろにw

ってことで、ってことです。

なんじゃそりゃw

キャラが動いてるけど、なんか違うんですよ。

キャラを活かせてないってとこでしょうか。

非常に残念です。

前回がよかった分、今回の落差が激しいです。

まぁ、前回は非常に良い話しやったのに「泥をつけられてしまった」訳ですが。

あれは、編集部のミスや。

どうせ謝るなら、もっとしっかりと「編集部」としてしっかりと謝りなさい。

…。


それはさて置いて、今回はここいらで感想を終わります。

ちょっと、テンション上げきれませんでした。

まぁ、こんな話しがあっても良いけど。

どうせなら「ただゆるいだけの話し」ってので良かったのにw

まぁ、ええか!w

ってことで、今回は辛口批評でした。

もちろん、愛が有るからですよ!w

そして、今週のジャンBANGはスケットダンス特集ですね!

めっさ楽しみ!!!

作者裏話とか聞けるかなぁ~~。

あ、そうや!

今週の作者コメント見てみたら、なんか言ってるかもしれん。

どれどれ…。

「来週のジャンBANGはスケット特集だそうです。どんな内容なのか楽しみです」

……。

全く触れてないってこと?

……もう、何か今週はこんなんばっかやな。

これ以上は触れませんw

ってことでお開き!

では、また来週お会いしましょう!
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック