常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
今週もスケット団ス!番外編 マイ・ベスト・エピソード
「マイ・ベスト・エピソード」の応募済ませてきました!

「自分の」ベストエピソードってのが、肝ですね。

理由も書こうかと思いましたが、結局やめました。

ここでこうやって書くし、わざわざ書いても意味ないかと思ったんでw

ってことで、僕の選んだ3つのエピソードについて、色々と書きたいと思います。

*今週のリアルタイム応援は、いつもより少し遅れて更新します。

一応「僕の中での順位」は存在するのですが、話数の若い方から順に発表していきます。

『 第8~9話「美咲と光太郎」「夏の桜」 』

これは「印象深い」という意味ではピカイチです。

「一番最初に見たスケット」はこれやったんです。

で、次週どうなるのか気になってて、ほんで次ぎがアレですよ!

「えらい作家が現れた!」って思ったもんですw

もう、それこそいっつも言ってますけど、「構成」がずば抜けてよい!

ストーリーは確かにベタやけど。

でも、見せ方一つでここまで良い作品になる訳です。

僕の中で「本当に夏の桜が見えた」ので、マイ・ベスト・エピソード選出です。


『 第49~51話 「カイメイ・ロック・フェス編」 』

「スケット団の結束力」と「スケットダンスらしさ」

その「最大の魅力」が、「余すとこなく見れる」話だと思います。

ボッスンの「らしさ」「ええところ」、スケット団の「スケット団らしさ」。

「一つのネタ」を見せる為に、短すぎず長過ぎない3話でまとめた「抜群の構成力」。

この話を見る事で、「スケットを知ってる人」も「スケットを知らない人」も「ボッスンに助けてもらった」気持ちになる。

ラストの見送りシーンも、感動的で非常に良いですね。

完成度の高さに、読後の爽快感。

スケットとしては珍しく、「シーンで魅せる」という構成。

どれを取っても文句のつけ様のない、素晴らしいお話なんで選出です。


『 第79~80話「ハズカシガール前後編」 』

これは意外な選出になるかもしれません。

「ヒメコに萌えた」とか、「このワクドキ感がたまらん」とかって理由ではありません。

……そんな感想が全くないかと言うと、それは嘘になりますがw

この話って何気に、「スケット団の深く強い絆」が描かれてる話なんですよね。

個人的に感じる、スケット団の面々の属性は、以下の通りとなってます。

ボッスンは「幼い」、ヒメコは「純粋」、スイッチは「達観」。

属性をそのまま表現しつつ、スケット団の絆の深さを表現しつつ。

単純に「恋愛関係に発展」したり、「何かの拍子に崩れ」たりするような関係ではない。

ってことが、やんわりと自然に伝わってくる。

ボッスンの魅力は「優しさ」であり。

ヒメコの魅力は「強さの中に隠れた純粋さ」であり。

スイッチの魅力は「達観からくる安心感」であり。

このように思うのは、過去編やらそれまでの活躍を見てきたからでしょう。

それを置いといたとして。

二人を理解してるからこそ、影で生き生きと遊びに走るスイッチ。

純粋であるが故、照れてテンパりまくるヒメコ。

幼くてデリカシーがないが、懐の深いボッスン。

最後の二人の笑顔に、ほっこり温かい気持ちにさせてもらったので、選出となりました。


今回の人気投票で、気になってる事が有ります。

「過去編」がどこまで上位に食い込んで来るのか?

これですね。

過去編で「どれが一番好きですか?」って投票をしたら、どうなるでしょう?

1位ボッスン、2位ヒメコ、3位スイッチ

だと思います。

スイッチ過去編だけ「救いのない」仕様となってるので、正直僕はあまり好きでは有りません。

「必ずしも救いがあるわけでは無い」それが人生ですが。

ボッスンに救われる前の、「ひきこもったスイッチ」のまま止まってる訳ですよ。

今のスイッチと繋がってなくて、そこが遣る瀬無い。

あと弟がいる人は、「過去編のスイッチ」にガッツリ感情移入してしまう事でしょう。

僕もその一人です。

ボッスンとヒメコは入れ替わるかもしれませんが、スイッチ3位は鉄板でしょう。

でも、過去編は10位以内には全部入ってると思います。


最後に、「僕の中の順位」を発表したいと思います。

1位「カイメイ・ロック・フェス」編
2位「夏の桜」編
3位「ハズカシガール」編

となります!

ちなみに、結果発表を予想すると…。

1位「カイメイ・ロック・フェス」編
2位「OGRESS」編
3位「Happy Rebirthday」編

と考えてます!

「10位以内には入ってるんちゃう」みたいな事書いておきながらですけどw

過去編はここまで食い込んでくると思ってます。

さぁて。

発表は11月中旬との事ですので、楽しみにして待ちたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック