常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
ここに戻るということ
このまま消えてしまいたい。
そう思った時期もありました。

完全ではないにせよ、なんとか踏みとどまれました。
あの時の僕はもういません。
時間が解決してくれた訳ではありません。

それを日記に書く事でこのブログを再開したいと思います。

世の中に僕と同じように悩んでる人が、一体どれだけいるか解りませんが。
それでも、事例として知って頂く事で助けになれば幸いです。

僕が心理的に鬱のようになったのは、理由があります。
当時の僕は理由にはしたくありませんでした。
それが悪い結果を招いたと思います。
寝れない、考えられない、やる気が起きない。
起きれば「疲れた」って言ってました。
夜になれば「しんどい」と思いました。
でも、寝れませんでした。

今から2年前、アルバイト先で昇格の話を頂きました。
僕は「人と接する」ことで「自分が成長できる」今の職場が好きです。
職種はともかく。
だから、社員になりたいと思っていました。その為には必要なのが昇格。
ランクアップしてあるランクにいることが、正社員になる為には必須条件だったからです。もちろん、他の条件もありますが。
そのランクになる為には、必要な条件がありました。
それは人間性。
人間的に誠実である、それが人望にも繋がる。
最上ランクの者に求められることは、仕事がずば抜けて出来る事よりも誠実で謙虚な態度なのです。
僕にはその謙虚さが欠けてました。
意識していても、他人が感じなければそれは出来てないのと同じ。
僕はそのレベルでした。
一年以上頑張ってきました。途中、追い込まれたり人間関係で色々有ったり。退職を考えた時期もありました。
でも、これが自分の為になる。結果は必ずついてくる。そう信じて頑張ってきました。

そんなある日、後輩が僕より先にそのランクに昇格しました。
初耳でした。
正直ショックを受けました。
恐らく、その話を聞いて僕のやる気を削がないようにという処置だったのでしょう。彼がそのランクを目指していた事は知っていましたし。
以前から話は上がってた。ただ、僕には知らされてなかった。
そう言う事です。

彼には謙虚さがありました。
それは「持って生まれた人間性」です。そこに頑張っている姿が映り込めば、僕よりもランクアップが早いのは明らかです。
僕がランクアップ出来るレベルに至ってないだけ。
彼がいたからではない。
頭では解っていても、感情がついていきませんでした。
僕は、彼と彼を評価した人間を認められませんでした。

僕は仕事ができる人間だと思って生きてきました。
頑張って頑張って、一瞬たりとも手を抜いていない。
だからこそ、早く仕事を覚え、評価も高い。
その自信が、このおごりを生んでいたのでしょう。
実際、今までの人生で「追い抜いた」事はあっても「追い抜かれた」事はありませんでしたので。
だから、そう言った意味での初の挫折でした。
自信にしてきた物が崩れていきました。
僕は退社するつもりでいました。
自分の頑張りを蔑ろにして、それでも「腐らずに頑張れ」と言ってくる職場では働けないと。
一ヶ月近くそう考えてました。
寝れない日々が続きました。

人間性を完全に否定された気でいました。
もちろん、そんな事は今まで何度もありました。
でも、今回は「全てを否定」された感情でした。
存在そのものを。
丁度その時、このままではいけないと思いこのブログに日記を残しました。
それを見た友は心配してくれたみたいで、わざわざメールをくれました。
これには救われました。
深く落ち込んでいく一歩手前で、引き止めてくれました。
そのおかげで、働く気力はありませんでしたが、仕事にはいけました。

そんなある日、店長に呼ばれました。「話しがしたい」と。
店長は寝れない日々が続く僕を心配してくれてました。
口には出しませんでしたが、心情も察してくれてました。
嬉しかったです。
見ていないのではなく、見ていてくれたのだと解りました。
ただ、それが嬉しかった。
心が晴れていくのが解りました。

それから一ヶ月後、僕は昇格しました。
純粋に嬉しかったです。

以前の自分は今はいないです。
人間関係でもめて、夢を諦め、そこから立ち直れたときの自分はいません。
生まれ変わった訳でもなく、まだ精神的に落ち込んでいるからでもなく。
答えは解らないです。
でも、これでいいと思います。
この答えが見つかったときが、本当の意味で成長したときなのだと感じています。

僕は周りの人に助けられました。
「気にかけてくれる」「見ていてくれた」事が何よりも支えになりました。


僕は、自分の喜びと哀しみの感情表現が苦手です。
怒りは直ぐ出てしまいますけど。
ですから、こう言った内容の日記は殆ど書かないと思います。

これからも、以前と同じように「漫画」「アニメ」「ゲーム」のネタで日記を書いていきたいと思います。

人間が抱く「感情」を内に押さえ込んでおくのは良くない。
だから、「ジャンプの感想」とか「ゲームの感想」なんてのはバンバン書いていくべきだと。
リハビリではないですけど。
ですので、近々「今週のスケット団スの感想」あたりから復活させたいと思います。

長文おつきあい有り難うございました。
また、よろしければ読んでやって下さい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック