常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
今週もスケット団ス 第132話(2010年18号)感想
久しぶりのスケット感想です!

またまたひっそりとやっていきたいと思います。

ネタバレ有りのベタ褒め仕様で行きますのでよろしくお願いします!!w

ではでは…

ここから先には今週分スケットダンスのネタバレがあります!
たまに別の漫画のネタバレもありますw
気をつけて下さい!


べ、別にあんたの事心配して言ったんじゃないんだからね!!…ほ、ほんとうよっ!!

ってことで、いってみよー!w

さて、僕がお休みしている間に色んな事がありましたw

先週のジャンプはワンピースが全部持っていきました!!w

ブリーチは、週跨いだら違う事言ってましたw

それは置いといて…。

スケットでも色々起こってました。

中でも特筆すべきは「サーヤの登場!」でしょう。

篠原先生自身で「ヒメコの感情」は解らないと言っていただけに。

このツンデレの登場は深い意味が有ると思います!

「ヒメコの気持ち」に決着付けるつもりでいると。

いや…。

「答えが見えてきた」ってとこですかね。

まぁ、そんなわけで。

サーヤがどう動くかがポイントですね!

って、先週まで思ってました。

今週打ち砕かれましたw

まさか…。

こんな展開を持ってくるとはw


今週から修学旅行編が始まりました。

そして久々の長編!

「スクールトリップ狂詩曲-1」ってなってますからね。

10話くらい行っちゃうつもりなのかもw

それにしてもまぁ…。

チュウさんのヤバい薬をここで使うとは恐れ入りましたw

今週でスイッチも気づく事となりましたが、サーヤの気持ちに気付いてるのはヒメコだけでした。

その為、捨てフクロウの話でヒメコは一歩引きます。

要するに「気を使った」訳ですが…。

ここで「やや暗い」ヒメコの表情を描いてる点に注目!!

頭では「応援してあげよう」と思い舞台を作った訳ですが、心がそれについていってない。

そう言う事なんだと思います。


今週スイッチが面白いことを言ってましたねぇ。

「オレは割と単独行動がおおいぞ。一言も喋らず一話終わる事もある」

…あ、これやなかったw

「わかりやすく説明すると、ボッスンとヒメコはルパンと次元。オレはさしずめ五エ門といったところだな」

こっちですw

これは非常に上手い例えやなと思います。

仲間の表現として、これほど解りやすいものはないかなと思います。

そういう絆なんだよと。

だからこそ「スケット団はこう言う関係なんだよ」ってスイッチは言いたかった。

だから「直接聞いてみたらいい」なんて「大事件のフリ」を作る訳ですw

でも…。

ヒメコには、ヒメコも気づいてない感情がある訳で。

スイッチも気づいてない感情であります。

読者だけがわかるという、やきもきする感じですねw

それをサーヤが引っ張りだしつつあります。

直接聞いてみる、と言う行為がヒメコに何をもたらすか。

ここが見物ですねぇ。

入れ替わってるからねw

チュウさんのせいでねw


ボッスンとヒメコの恋愛話だけでも楽しそうな展開なのに。

ここに少年漫画の王道「男女入れ替わり」をもってくるとは!w

すごい勇気w

まぁ、そのせいで「サーヤの気持ちをヒメコは知る」ってことは確定してますね。

一緒に「ヒメコはボッスンの事どう思ってるんだろう」って聞かれますでしょうね。

ここらへんをヒメコがどう答えるかが楽しみです!!

男女入れ替わりにつきものの、「トイレ」「風呂」のオプションは結構サラッとやりそうな気がします。

「ヒメコがボッスンを気絶させる」

これですw

うーん待ちきれへんなぁ!!


今週は気合いが入ってるからか、やっぱり篠原先生の腕が素晴らしいのか。

小ネタがわんさか入ってましたね。

例えばキャプテンが「キャプ食い」してるとか。

何気に椿が「ポッキー二本食い」してるとか。

いつかの合コンの話の時の女の子出てたり。

ボッスン達の前には内田君が座ってたり。

実験用のマウスの名前がミッキーとアルジャーノンやったり。

ボリュームがすげー!


ってとこで、ネタがつきましたw

今週はサラッと、思った事だけで。

まだリハビリ中なんでw

では、また来週お会いしましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック