常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
仮面ライダーカブト「01」
仮面ライダーカブトが始まりました!!

響鬼とのギャップがあったから、感想書くまでに時間がかかってしまいましたw

響鬼の第一話は衝撃の連続やったからなぁ・・・

冒頭のミュージカルにカエルの歌に。

挙句の最後の鬼火でやられたw

あの時は、完全新生の響鬼にやられてたからなぁ・・・

あ、響鬼の話はこれくらいにしてw


さてカブトです。

まぁ、第一話を見た限りではなんともいえませんが、ストーリーが進むに連れていい感じになっていくのではないでしょうか?

見て一番に思ったのは「平成ライダーシリーズの王道復活」

これです。

主役はイケメンの若手である。

そして数々の謎を追いかけていくストーリー展開。

ライダーの謎、敵の謎、そして謎の組織。

これらが平成ライダーシリーズの骨格であると、自分は思っております。

なもんで、この3つを全て折り込んだ第一話を作れていたので、一安心しましたw

やれストロンガーみたいだとか、今度はごくせんだとか・・・

そんな前評判を払拭することはできたんじゃないでしょうか?

でも、響鬼から仮面ライダーを見た人には、正直カブトは見れないだろうなとも思う。

響鬼は「謎」ではなく「成長」を追いかけた物語でしたからなぁ。

逆に言えば、響鬼が見れなかった仮面ライダー好きは安心して見れると思いますw

悪く言えば従来どおりなんでww

私の感想を言わしてもらえば、せっかく壊した平成シリーズの「王道」に完全に戻ってしまうのは損だと思います。

何らかの違いがベルトと敵だけってのには、正直飽きたのでw

だから、新しい展開に期待w

ネクサスみたく主役交代もアリだと私は思っております。


さて、今後の展開の予想。

たぶん、第1クールはベルトと天道の謎を追いかける展開となるでしょう。

ここで気になってくるのがベルトのシステム。

ゼクター1つのベルト複数なのか、各ベルトに対応したゼクターがあるのか?

それによって今後の展開は変わってくると思う。

カブトゼクターを取り合う展開となるのか?

はたまた天道以外の適正者を見つけられなかったゼクトは、それに変わる○○ゼクターを作るのか?

そこらへんに注目しながら当分見て行きたいと思います!


最後に一言。

どうしてもファイズっぽく感じてしまうのは、私だけでしょうか?w
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
グダグダな展開だった響鬼が、 何とかきれいにおさまった後を受けて… いよいよ始まります仮面ライダーカブト。 初回の感想は… この後すぐ… 7年前。東京・渋谷に隕石が落下した。 今も落下地点は瓦礫の山となったまま、放置されている。 それは、両親を奪われたひより
2006/01/30(月) 18:51:41 | super_x.com