常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
ジャンプに育ててもらいました。 47号感想
さてさて。

書く事も思いつかないし、細々とやってくのが心情なんで。

放置し過ぎは駄目でしょw


ってことで、今週のジャンプについてでも書きますかw

最近読んでて言いたい事もいっぱいあるしなw

では、初のジャンプ感想いってみよ-!


*個人的感想の為、不快と感じてしまう事があるかもしれません。
 「友達のジャンプの感想」位で読んで頂くとありがたいです。


まずは、眼につくのはワンピースの不在やな。

買って損した気がしたw


「おもしろいなぁ」って思う漫画が減って、惰性で長続きしてる作品が多くて「ジャンプの悪癖」が気になってたとこですが。

そうでもないかも?と思い始めた今日この頃。

そう思ったのは「ぬらりひょんの孫」と「SKET DANCE」と「トリコ」あたりですな。

「いぬまるだしっ」もなかなか良い。昔のジャンプはこんな感じの、「プッ」って笑えるフリや構成のうまい作品があったもんです。

自分的には「バクマン」の評価はいまいち。正直、これからの展開が見物。

過去にも似た様な話の漫画がありましたが、日本橋ヨヲコのね。

タイトルわすれたけど、あれも何か「上手い見せ場」を作れなかった気がする。

「まんが道」はまだ読む機会がないんやけども、あの作品が名作とされてるのは「あの二人の青春、そして漫画に対する情熱」がコマやカットの一つ一つに込められてるからではないでしょうか?

絵を否定され、賞も取れず、これからの二人が「漫画に対する情熱」をどう表現するか?

そして「二人の書いた漫画をどう見せる」かも見物。

では、先述の3作品について。

「ぬらりひょんの孫」は言わずもがな。その画力はジャンプ連載作ではトップクラスではないでしょうか?

私の中では、ワンピース・アイシールド・ぬらりひょんがトップ3です。

他にも「絵がうまい」と思う作品はありますが、如何せん「何してるかわかんない」時がありますからな…w

ストーリーに起伏がちょっと少ないですが、読んでて引き込まれる画面構成が気に入ってます。

「SEKTO DANCE」は正直ストーリーが面白い。

絵も読み易い、わかり易い、巧い。話もギャグやシリアスあり、感動有り。一話で「くさい」と気にならない、引き込まれる「フリとオチ」が用意してあるところも見捨てられない。

数週に渡る話の「次週へのフリ」も「話のオチ」もしっかりしてる。

キャラもいっぱい出てくるけど、それが「キャラ漫画」臭くなくていい。

強いて言うなら「たまに同じ人に見える」ことかしらw

「トリコ」は色々あったしまぶーのジャンプ復帰作だけあって、ややこしくなく巧く作ってる気がします。

「強いモンスター、食べたらめっちゃ美味い」「採るの大変、食べたらごっつい美味い」

単純明快、わかり易くておもろい。

単純なバトル漫画になっちゃわないように祈ってますw


新連載の「アスクレピオス」も楽しんでます。

単に医療漫画やなくて、「中世の医療漫画」ってのが気に入ってます。

ただ、ただし。

その縛りがどうなるか。

「*現在は治療可能です」みたいな注釈入って、「子供が誤解する」みたいなんで結局批判受けて連載打ち切り。

これが一番最悪なパターン。


そうそう。

蛇姫の背中には何があるんでしょうかね?

自分は白ヒゲ海賊団のマークではないかと。

「火拳のエース」の公開処刑に立ち会おうとしない、その理由も「仲間」に対する結びつきの強い白ヒゲ海賊団の戦いに参加せざる負えないから。ってのはどうでしょう?

ってか、ルフィが見た事あるモノで象徴的なものって、「白ひげシンボル」「ベラミーシンボル」「ポーネグリフの文字」あたり?

あとは「ジンベエ」のマークかな?アーロンつながりで。

天竜人のマークってのもあり得るけど、果たしてそれが劇中に登場してるかどうか。

ジャンプ読み返すのもめんどくさいし、確認するすべもありませんw

ってか、先週は「原稿遅れて中盤になった」みたいな事を尾田さんがおっしゃてましたが。

今週はどうやら落としたみたいですな。

作者取材のためって書いてたけど、ストーリーの半ばでの取材はこの10年近い連載でもやってないし、先週号での告知もない。

体調でも悪いのかな?


さてさて、来週号はどうなるかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本橋ヨヲコさんのG戦は面白いですよ~。最初から最後まで通して読むと、魂が震える感動と熱さがあります。通して読んでそれが感じられなかったなら、それは好みの問題だと思うので仕方ないですが(^^;

スケットダンスは私も大好きです!今のジャンプの良心ですよね(笑)
笑えて、泣けて、励まされて・・・構成力もさることながら、「子供のために」描いてると感じられるところも好感度高いです!
終わってほしくない(>_<)
2009/03/17(火) 08:04:08 | URL | 霧灰ハル #-[ 編集]
Re
コメント有り難うございます^^
「G戦場ヘブンズドア」は若かりし頃に読みました。あれはIKKI創刊初期を支えた名作ですよね!
スケットは作者がコミックスコメントで「子供はこれ読んでわかるんのかな?」って書いてるし、どの世代にも「伝わる」ように描こうとしてるスタンスがすばらしいと思います。
スケットは「打ち切り」という形で終わらせて欲しくない作品ですね。
2009/03/17(火) 16:24:34 | URL | ykky #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック