常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
仮面ライダー ディケイド 第2話感想
はい、やって参りましたー。

この一週間、嫌ぁ~~な期待感で過ごした特撮ファンは全国に何人いたでしょうか?w

何百人?

何千人?

いや、何万人?w

まぁ、そんなこんなで今週のディケイド。

涙なしでは語れない、迷場面をプレイバック!


……あ、間違えた。

いや、あってる気もするけどw

では、気を取り直して名場面をプレイバック!

まずは、クウガ=五代雄介ではないってことは先週わかってました。

ってか、放送前から解ってたみたいねw

むしろ事前情報は仕入れときゃ良かった、と後悔しておりましたw

特出すべきは、変身方法やポーズはクウガの基本設定がそのまま使われてると。

当たり前かw

そして先週提案した「二代目案」は却下された模様w

と、ここで安に「パラレルワールド」と設定してしまっていいのでしょうか?

仮面ライダーは何でも受け入れる!という精神でいますので、というか作品は全てありのまま受け入れるのが自分のスタンスなんで、変える気はありません!

なので、納得できない心の中で「オリジナルと変わってしまってるライダー」をどう受け入れるか、この一週間考えてきました。

公式にはこうあります。

『あのライダーが、このライダーが……単に登場・共演するにとどまらず、「世界観ごと」ぶつかり合う!』


「世界観」


この表現が非常に大事だと思ってます。

以前書いた、「ディケイドにGOサインがでた妥協点」に繋がるのではないかと。

そう、「世界」と表現するとそのまま「オリジナル」と受け取る事になると思います。

「クウガの世界」と表現するのであれば、クウガは五代雄介でありオダギリジョーであり、初代平成ライダーであり、2000年に僕らが見てきたクウガ、の世界となります。

ですが、「世界観」と表現すると…

青年がベルトの力でクウガとなりグロンギと闘う、クウガはフォームチェンジする、リアルな怪人の表現、警察と協力者とクウガの関係。

ってところでしょうか。

…そうなるとまぁ、役者が変わっても、性別が変わっても、ラスボスが変わっても問題なし。
基本設定を受け継いで、出来上がった世界観に当てはまってればオッケー。

ってことでしょうかね。

そしてこの考え方なら、オリジナルがそのままオリジナルで出てくるのは全く持って問題なし。


でも何やろこの気持ち?

クウガは五代雄介でありオダギリジョーであり、自分の戦いを誇らしげに「どうでした?」と笑顔できく小野寺ユウスケは、クウガがカッコいいという五代雄介とは違う。

どこかズレてる。

己の拳を使う事に心を痛めた五代雄介=クウガの姿は、一年を通じて出来上がった「クウガの世界観」であると私は思います。

そう思いながら見てると、なんか涙が出そうでした。

何やろこの気持ち…。

あ、そうや。

好きな子にふられた時の気持ちに似てるw

切ない。

そんな気持ちです。

来週はどうなるのか。

「クウガは闘う事で成長するが、力を使う事に心を痛める」

という世界観を、小野寺ユウスケは一年を通して描くのであればオッケー。

と、偉そうに語ってみましたw

まぁ、一年後「これは無いな」と思った時は、今後こういうことが起こらんようにボロクソに書こうと思ってますw


涙が出そうつながりで。

アニキが先日ほのめかしてたので、あると思ってました。


地獄兄弟降臨!!


いやー、次週予告でダブルホッパー見た時からドキドキしてましたけど。

声がアニキやったー!!!!

パンチホッパーも影山君やったー!!

もう、これだけで嬉しいっすよw

みなさん、来週の見所は「ダブルホッパーの戦い」ですよw


今週のディケイドは、『好きな子にふられたけど、「大事な男友達」って言われた様な、悲しくて切ないけど嬉しい気持ちもある』みたいな内容でしたw


最後に。

徳山のアニキ!俺の心にはまだ矢車さんは生きてますよ!

矢車アニキはずっと心の中で生きてます!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック