常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
今更ですが、行きます。「とらドラ」感想
何かと話題(よく何かしらのランキングでみますのでw)の「とらドラ」。

何気なしにアニメの第一話を見てみました。

次の休みの日に残りの18話を全部一気に見ちゃいましたw

なめてた…。

何やろこれ。

全く泣く事のない私ですが、19話のあのシーンはちょっと危なかったっすw

では、ネタバレ込みで感想をさっくりと残して行きたいと思います。

はい、リアルの自分はおよそ「ラブ」物好きには見えませんのでw

心に溜まってく感想をぶちまけたいと思います!w


*注意!! ネタバレをふんだんに含みます。「とらドラ」未視聴・未読の方は以下の記事は読まない事をおすすめします。

特出すべきキャラの設定が何かしらあるという訳でなく、枠組みとしては「普通の高校生」の物語であると思います。

もちろん「超お金持ちのツンデレ超美少女(ミニチュアサイズw)」と「掃除大好き目つきの悪い家事全般何でも来いの男子高校生」ってのは、それなりに普通ではないと思いますが。

宇宙人や未来人や超能力者が出てくる話ではないってことですw

ラブレター渡し間違えたクラスメイトの家に夜襲をかける、ってのはだいぶ無理があると思いますけどw

オリジナルの小説を読んでないので何とも言えませんが、2話目で大河がふられるってのはストーリーとして面白いと思いました。

その「気持ちはないとわかってる状態」でも、お互いの恋の応援手助けは続けて行く。

自分の家に自分の手料理を食べにくる親公認の仲。

なんておいし…うらやま……あー、何とも変わった設定だとは思いますw

要するに、ここが「とらドラ」のキーやと思います。

見てて「いつ竜児はふられるんやろ?」「いつ大河は(竜児は)自分の気持ちの変化に気づくんやろう?」「そして二人の未来は?」と先が気になりながらも、その時に展開される物語を見入ってしまう。

お互いに別の人を見ながら、常に一緒にいる二人。

悪い言い方をすれば、とても歪んだ関係。

大河は「竜児が必要」にどんどんなって行く訳やし、竜児は「大河がいるのが当たり前」になっていくわけやし。

ここらへんの事を受け手(読者・視聴者)は気にしながら、物語は進んで行く。

とても巧いなと思いました。

思春期にありがちな、亜美が言ってたように「おままごと」なわけです。

アニメではとても見えにくいですが、「いつか崩れる」関係である事が見えてくる間柄だと思います。

それは、みのりんや亜美の台詞でも感じ取る事が出来るので、作者はそこら辺を意識した上で物語を書き綴ってるのでしょう。

非常に構成力のある作家さんだと思います。

小説は次の刊で終了という話を聞いたので、購入してよんでみようかなと思っております。

「どう崩れるか?」「そこから何が生まれるか?」

これが最終話であろうと思いますので、残りの4話を楽しみに見て行きたいと思います。


さてさて。

ここからは印象的で好きなシーンをピックアップ!

水泳の話で「竜児は私のものだー!!」って大河が叫ぶシーンは嬉しい様な恥ずかしい様なw

あれが二人の関係の終着点を、視聴者に気づかせてくれるシーンじゃないでしょうか?

「大河は竜児を必要としてる」

大河は勝負なんて物はほったらかして、竜児を助けにいくわけですよ。

泳げないのにね。

そしてその後の先述の大河の叫びが、このシーンを思い起こさせてくれるんですよ。

大河の素直な気持ちが見れる、非常に素敵なシーンで自分は好きです。

誰かが必要で一緒にいたい。いやー、これは恋にも愛にも必要な事ですよw


もちろん、クリスマスの竜児が大河のもとに駆けつけるシーンも好きです。

これは水泳のシーンの逆ですね。

竜児がこんどは大河の事を思い、そして彼女のために動くシーンですね。

たしかに、文化祭の福男レースでみのりんと手をつないで走るシーンも「大河の為に動いて」るシーンですが。

あれは、結果的に自分が原因で大河に嫌な思いをさせた。っていう自責の念もあると自分は考えてます。

何しか、この物語のキャラは自分中心な所があるのでw

もちろん、思春期の高校生らしいからだと思ってます。悪口とはちゃいまっせw

「相手の事を考えて」って考えは「その時の自分の事も考えて」って思いも内包してると思います。

これは持論になりますが。

そういう考えは至極当然な、まぁ健全な高校生ですよw

その竜児が、大河の気持ちを思い純粋に動いた結果なわけです。

だから好きなんですよw

あー、やっぱ竜児は大河が好き。その気持ちに気付きつつある、ってわかるシーンですね。


でもでも。

でもでも、一番好きなシーンは「りゅぅじぃぃーーー!!」ですけどねw

あれはあかん。

サムターン回しもピッキングも、バールも効かない私の涙腺ですが。

あれはルパンクラスやったw

ほんま危うく泣くとこでした。

気がついたら泣いてる。なんで悲しいか?

自分には竜児が必要。好きになってたんだ。

ツンデレ(って思ってますw)の大河が、自分の気持ちに気づいて走り出すんですよ!!

竜児の姿が見えなくて泣き叫ぶんですよ!

あー、あかん。またなんかキュンってなってきた。

もう三十路が見えてきそうなおっさんですけどw

あれは泣きそうやった。

いやー、よかった。


自分は優しい彼に惹かれてきた。でも、大河は竜児が好きだけど気付いてないだけだから。って思い、自分の気持ちを隠すみのりん。

気がつけば彼が必要、いつも一緒にいるのが当たり前だった。でも、それだと親友の恋を邪魔する。だから好きだけど身を引く大河。

みのりんが好きだったけど大河に惹かれ、だけど好きな大河言われて自分はみのりんが好きだと思い込もうとする竜児。

あー、これええなぁw

がんばって生きて、がんばって恋してますよ!

これからどうなるんですかねぇ。

ほんま楽しみです。


何気に今まで呼んだ漫画を思い返してみると、ラブコメ結構読んでたりしましたw

まぁ、少女漫画ではないですけどね。

女の子は可愛い、竜児のキャラもいい。美少女が家にご飯食べにくるってのもいいw

そう考えると、自分的に「とらドラ」ハマったんは仕方ないんやなと思いますw

アニメしか見てませんが、小説派だからみてませんって方がもしいるならば。

アニメの急展開でもハマった奴がいるくらいなんで、騙されたつもりで見てみるんもアリかもしれませんよw


いやー、マクロスF以来のヒットアニメです。ハマりましたw

また何度か見返すと思うんで、その時に何か思った事があれば書きたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「とらドラ!」
こんにちはー。はじめまして!?。このアニメは1度見るととまらないですよねwww竜児とタイガーは常にいっしょのいてお互い違う日とおって心の中はちがくて。。19話のタイガーがはだしでかけるシーンはやばかったですwww
2009/02/25(水) 20:07:36 | URL | モンハン族 #-[ 編集]
Re: 「とらドラ!」
どもー、こんちわー!
キャラと基本設定(お互いの恋の手助けをする)だけでここまで見せれるってのは、凄いなと見返すごとに思っております。
これが構成力というものなのだと。
18話分の溜めを作るった勇気も凄いとw

やっぱ、19話は別格に良いですねーw
2009/02/26(木) 00:48:37 | URL | ykky #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック