常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
帰ってきたハガレン感想 第一話
「再アニメ化」について以前取り上げたので、そのままの勢いで毎回の感想も書いていこうかなと思っております。

因にその記事はこちら
なぜ、もう一度「ハガレン」アニメ化なのか

「ネタバレあり」でいきます。

ただ、ネタバレは「その週の内容」に止めようと思ってます。

例えば、アニメオリジナル的な内容や表現、なんてものが「バレ」にあたるかなと。

修行シーンとか、そういう「掘り下げ」はあると思いますので。

なので、やっぱり「見てから読む事」をお薦めしますw


はい、では方針がある程度固まったところで。

今週の感想いきたいと思います!

以降、ネタバレを含みます。

今回第一話という事もあり、かなり気合い入ってたと思います。

なんたって、山ちゃん出てきましたからねw

あのキャラ後々出てくるのでしょうか…。

氷結の錬金術師。

焔の錬金術師の対極ですよねー、そして大佐は完全に負けてましたねw

また無能呼ばわりw


…また?

はいっ!

ここですよー!!

ここに今回の心意気があると思います。

原作読んでる人も初代見てる人も、「ニヤッ」とする演出が溢れてます。

先ずは、このホークアイ中尉の「無能」発言ですね。

これは、「知ってる人にしか理解出来ない」台詞な訳です。

様は「一見さんお断り」な展開です。

この「無能」の裏に隠れてる「愛情」は初見の人には解らんわけですよ。

でも、知ってる人は「にやにや」な訳ですよw

アームストロング少将の錬成も、何の説明もなく「いつも通り」でしたからねw

「チビ」と言われて怒るエド、「鋼の錬金術師」と間違われるアル。

よく見た風景ですw


第一話からぶっ飛ばして、自分の脳内ボイスそのままに「漫画で読んでる、いつものやり取り」をやってくれてる訳です。

あー、脳内ボイスってのは「漫画読んでる時に頭の中で聞こえてる、各キャラの声及び声のイメージ」の事です。

昔からこう言ってたけど、脳内ボイスって俺の造語やろか…。

ふと不安になってきたw

まぁ、話を戻します。

自分の脳内ボイスは、もちろんエドは朴さんでアルは釘宮さんなわけですよ。

これは、初代が有ったからな訳ですが。

その「過去を無かった事」にせずに、「有った物として、原作通りにアニメ化」しようとしてる「心意気」を感じる訳です。

そして、原作通りと銘打っておきながら「完全オリジナル」の第一話。

これは「視聴者から叩かれる」ことを、かなり覚悟してないと出来ないと思います。

感動しました!

でもまぁ、これは初代も映画込みで見て、原作もちゃんと読んでるからの感想でしょうかね。

初見の方にはチンプンカンプン、「当たり前のように話し進んでますけど、どういうこと?」って感じでしょう。

「初めてハガレン見た人」ってのが、何割いるのかは解りませんが。

そんな人の気持ちも汲んでか、アンチな意見も結構有るみたいですが。

それでも、「完全オリジナル第一話」を「いつものハガレン」でやった「心意気」の方が勝ってると思います。


来週からは、原作通りのストーリー展開になると思います。

こっからが本編ですw

第一話は「お詫びと心意気」を見せたのでしょうw

「お待たせしました、彼らは帰ってきました。」

「今回は顔見せとなっております。ほら、いつも通りでしょ。」

「原作通りのアニメ化で、エドとアルとウィンリィの物語を見て下さい」

という声が聞こえた「ハガレンファン」は、自分一人じゃないと信じております!!

このブログでは、そんな「ハガレンファン」の声を届けていきたいと思います。

では、また来週お会いしましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック