常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
今週もスケット団ス! 2009年21号分感想
今週もやって参りました!

今週は「だいぶ楽しめた」回でした。

どこら辺が楽しめたのか?

それについては、追々お話しします。

それよりも前に、まずはこれ。

「ボッスン編は一筋縄では終わらない」

最初から言い続けてきましたが、いよいよ現実味を帯びてきましたw

そんな今週の感想を、ではでは行ってみよー!

先週のリアルタイム応援では、ボッスンに色々言わせてもらいました。

やれ「ガキのわがまま」やとか、「家族をなんやと思ってるんや」とかね。

血がつながってなくても、家族は家族やっ!

ってね。


はい、ちゃんとボッスンも気付いてわだかまり解けてましたね。

いらんお世話でしたw

それどころか、今週のボッッスンは先週に比べてなんか成長してるような…。

顔つきが「よく知ってるボッスン」でした。

いつもの微妙な顔してるしw

妹ともおかんともいつも通り、でもお互いに成長してる。

そして、みんなで「茜が隠してたビデオ」の続きを見る。

ここで「本当の意味で」最初の導入編に繋がる訳ですよ。

色々と伏線があった導入編ですが、真の意味での繋がる部分ってのは「リョウスケのビデオで録画した映像」でしょう。

リョウスケが言ってたように、「楽しく生きてきた姿」が残されてる訳です。

本来ならば、ちゃんと伝わらなかったであろう姿が残されてる。

これが有ることで「ボッスンへの救済」となってるんです。

写真でしか見た事ないってわけやなく、動いてる姿みれるわけですから。

友達だった茜から、命を賭して助けたタイスケから、そして本人の書いた手紙から。

色んなものから受け継いだ「父であるリョウスケという人間」の、考えや心に「ボッスン自身の目」を通してふれる事が出来る訳です。

つまり、一連の出来事でしった「父と母」と「家族」というものが、ボッスンの誕生日プレゼントなんですね。

父の残したビデオのおかげで、そのプレゼントを手に入れる事が出来たのです。

そして、そのプレゼントを受け取った事が、スケット団結成に繋がっていくと。


いやー、流石「スケット」というかんじできっちりまとまってます!

すとん、と腑に落ちた感じです。

うん。

…それにしても、ここまで先週の予想通りになるとはw

ちょっとびっくりしました。

同じ予想通りでも、ここまでドンピシャやと嬉しいんですねw

予想繋がりでもう一つ、ここで自分の考えを残しておきます。

リョウスケからボッスンが受け継いだ魂は、

「仲間は宝、助け合って絆を一生大切にしろ」
「裏切られても、自分は絶対裏切るな」
「困ってる人がいたら通り過ぎるな」

の三つです。

ボッスンがずっと言い続けてることは、「友達を絶対に裏切らない」「友達が困ってるなら助ける」ですよね。

これは、確かに受け継いだ三つの魂と繋がってるとは思いますが…。

リョウスケの言いたい事は、一つにまとめられるものではないと思います。

つまり、ボッスンが「友達」にこだわる「何か」があるんだと思います!

ボッスン過去編パート2があると睨んでますw

次は「スイッチのスケット団入団編」だと思うので、いつになるかは解りませんがw


さてさて時は戻って現在、ボッスン達は文化祭の真っ最中でした。

って、おい!!

えらい話しとんでんなぁw

ってか、文化祭編めっちゃ読みたい!!!

準備してる時に事件起こったり、夜遅くまで残ったり、ちょっとロマンスあったりとか、色々あんねやろー!

それ読みたいわぁ。

ごっつう読みたいわ。

という訳ですので、必ず文化祭編もやって下さいw

楽しみにしてます!


ではでは、今週もここいらで………じゃなかった!

最後「謎のおっさん」が現れて終わってたんやった。

ん~~…。

茜おかんにぶつかったおっさん、だと思います。

おっさんは居眠り運転してたから、本来避けれるはずやったみたいな事を告白しにくるのでしょう。

そういえば、事故った相手が医者やってそいつがボッスン取り上げてるんよな。

近くにある病院の医者。

ボッスンが開明の生徒である事を知ってる。

あー、繋がった。

茜おかんの事故の相手は、椿のおとんですな。

うん。

すっげー、しっくりくる。

さて、これは見物ですよ。

ボッスンがどんな答えを出すのか?

ヒメコのメイド姿はどこまで萌える使用になってるか?

次週でラストであろう「ボッスン過去編」。

すんなり終わらない、でも「心に響く、いつものボッスンの答え」が待ってるはずです。

楽しみです。

では正真正銘、今週はここまででw

次週またお会いしましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック