常に「心の平穏」を願い、それが「幸福」だと考えております。
今週もスケット団ス! 2009年22~24号分感想
お久しぶりですw

ちょっと、忙しかったのできっちり感想を書く事が出来ず、ダラダラと3週間も先延ばしに…。

決して、「予想が外れたから」ではありません!w

さくっと、感想いきます!

物語も終盤なので予想は抜きでいきます。

では、例によって。

この先は「ボッスン過去編」のネタバレを十二分に含みますので覚悟して下さい。

よし。

では、感想いってみよー!


いやー、文化祭編面白そうっすねー。

読みたいなぁ。

メイド姿のヒメコと茜ママの絡みおもろかったなぁ。

妹とスイッチも。

「僧だもんね」のくだりですねw

このまま椿が出てきてまたハチャメチャな……

…あぁ現実逃避してたw

篠原先生、文化祭編待ってます!


では、過去編に戻って。

実際、ここまで来て後は「ボッスンと椿の今後」に焦点は絞られる訳です。

要するに、言いたい事は、「謎は出きった」という事です。

……ビデオには特に変わった事は映ってないんかw

しょんぼりや。

あっ、これは予想が外れてですw

でも、ビデオは来週再び登場すると思います。

椿に見せる為にね。


実際問題、先週は「椿が兄弟って展開かぁ」ってガッカリしました。

自分は「椿兄弟説」には触れていませんでしたが、「似てる」だの「兄弟っぽい」だのそんなシーンが有ったなぁと。

だから、先に予想が簡単に出来てしまったので、衝撃が薄かったんですね。

あと、手紙がちょっと強引やったんでw

でも、今週号でそんなんは吹っ飛びました。

出産のシーンは良かったと思うんですけど。

ここまでさほどでかい起伏もなく、淡々と謎が解明されたのはここの為だったのではないかと。

皆さんはどうだったんでしょうか?

気になる。

病院の名前を隠してきた事、椿に名乗らせない事で「逆に椿のイメージを植え付ける」手法、ちょっと強引でしたがおとんの手紙。

病院の名前が回想シーン冒頭で抜かれてるのは、「あの病院は椿の家では?」って思ってた人へのプレゼントでしょう。

ボッスンが「椿と自分は似てる」と思い返すシーンは、読者が思い返すシーンでもある。

凄い伏線の張り方ですよ。

多分「兄弟の設定」が出来たので、「万引き犯捕まえる話」があったのでしょうがw

あの話で初めて、「似てる」ってワードと一緒に「兄弟」が使われた、と記憶してます。

そして、名前の由来。

ボッスンと椿の名前が反対になってるのは、ファンの間では有名な話ですしね。

どっかで作者が触れてた気がしたのですが、ちょっと見つけられませんでした。

「人を助けられる人間になるように、二人で協力して右と左」

それで「佑助」と「佐介」ですよ。

これで感動せん奴は、今までのスケットで感動してないはずやから、ってことでファンの中にはいないはず!

ってか、このハルのシーンで感動せん奴はファン辞めてくれw


僕は、毎回感想書く前に、先週分までを通しで読んでるのですが。

何気に伏線が張ってあり、回を追うごとに話がしっかりとしてくる。

リョウスケが「子供生まれたら名前はよー」って言ってるシーンで、何気に持ってる紙は2枚である、とか。

椿の髪のハネ方が、ボッスンと同じようにハネてたり、とか。

父の手紙から学んだボッスンが、椿を助けた事により、二人は「両親が望み」である名前通りの人間へと成長していく。

「助っ人だ!」ってシーンは、スケット団への伏線ではない訳です。

佑助と佐介への伏線なんですよ。

ギリギリまで「伏線を安易な答え」にミスリードさせる。

それが「スケットダンスらしさ」だと思います。

そう考えると、今回の過去編は「最もスケットらしい」と思います。

実際、「椿との出会い」は「ヒメコ過去編でのスイッチとの出会い」と同レベルとして最初はとらえてましたし。

まだ決めるのは早いですが、過去編No.1だと思います。


おそらく来週でラストだと思います。

椿も真実を知り、ボッスンと二人の関係はどうなるのか?

ここが見物です!!

変な展開になる事はないと思いますが、今回の話は「ラスト」が重要になってくるタイプなので、来週が楽しみでもあり不安でもありますw

いやー、たのしみですわw


では、今週はここいらでお開きにしたいと思います。

また来週お会いしましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック